虫歯の進行度とその治療法

虫歯・根管治療

虫歯のこと、どのくらい知っていますか?

多くの人が一度は経験している虫歯。独特のズキズキとした痛みがあるため、苦い思い出になっている方もいるのではないでしょうか。健康な口内環境づくりのためにも、まずは虫歯のメカニズムを知りましょう。

虫歯とは?

虫歯は口腔内に潜むミュータンス菌が作り出す酸によって、歯が溶かされていく病気です。一度溶かされた歯は自然には治らず、ほうっておくとどんどん進行していきます。進行すると最終的には歯を抜かないといけないケースもあるため、早期発見・早期治療が欠かせません。「しみる」「痛む」といった症状が出たら、一度当院にご相談ください。

虫歯の進行度とその治療法

虫歯の進行度は「C0~C4」の5段階。数字が大きいほど、進行していることを示します。それぞれの進行度別に症状と治療法を見ていきましょう。

進行度 状態
C0:初期の虫歯
C0:初期の虫歯
歯の表面が溶け出している状態。よく見ると歯が白く濁っています。痛みはまったくありません。
治療法
適切なブラッシングと予防処置(フッ素塗布)による再石灰化で治すことができます。
C1:エナメル質の虫歯
C1:エナメル質の虫歯
エナメル質が溶かされている状態。歯の表面に穴があき、黒い点のように見えます。まだ痛みはありません。
治療法
患部を削って、コンポジットレジンというプラスチックを詰めて治療します。
C2:象牙質の虫歯
C2:象牙質の
虫歯
エナメル質の奥の象牙質までミュータンス菌が達した状態で、水や甘いお菓子などを口にすると歯がしみて痛みを感じます。
治療法
患部を削り、詰め物(インレー)によって治療します。
C3:神経まで達した虫歯
C3:神経まで
達した虫歯
歯の神経まで虫歯が進行している状態。強い炎症や激しい痛みをともないます。
治療法
神経を取り除き、被せ物(クラウン)によって治療します(根管治療)。
C4:歯根まで進行した虫歯
C4:歯根まで
進行した虫歯
歯の根まで虫歯が進行している状態で、歯の神経が死んでいるため痛みは感じません。最終的には歯根が化膿してウミが溜まり激痛が走ります。
治療法
抜歯後は、入れ歯やブリッジ、インプラントなどによって欠損部を補います。
  • PAGE TOP

PICK UP 根管治療

根管とは、歯の内部にある神経や血管が入っている管のことです。ミュータンス菌によって神経が壊死した場合には、根管を洗浄・消毒して細菌が入らないようにする必要があります(根管治療)。

根管治療

当院では多くの臨床実績から培った治療技術があるので、安全・確実な根管治療が可能です。上記の症状でC3もしくはC4の方はお気軽にご相談ください。

根管治療の流れ

虫歯の治療後は予防が大切です。毎日のブラッシングと併せて歯科医院での定期検診をお受けください。

24時間ご予約できます。WEB診療予約

  • PAGE TOP